仕事探しのポイント

職を選び、応募して、書類選考され、面接をし、たとえ受かったとしても、最終的に決めるのは自分です。

人任せの部分を作らず、自分自身で決断を下すことが肝心です。家族や友人が勧めてくれた求人でも、自分には合わないと感じたら、遠慮することなく断りましょう。

定年までは、起きている時間の半分以上を仕事をして過ごすわけですから、間違いのない選択が大事です。何でも疑ってかかったり、警戒心をもって望むことはよいとはいいきれません。

とはいえ、職場の雰囲気が自分に合っているか、その仕事で家族と暮らしていけるか、自己研磨に役立つ仕事なのか、総合的にジャッジする必要があります。せっかく新しい職場を決めても、何となく「違う」という感じを抱くと長続きしないもの。

そしてまた一から職探しを始めるのも大変です。職探しの基準は人それぞれで、何が大切なのかを明確にすることが必要ですね。色々な仕事があり、色々な条件がありますが、一番優先したいのは場所か給与か時間か内容かなど、優先順位に基づいて希望を絞っていくのも方法です。

そして、自分で下した決断はあくまで自分のもの。予想と違う職場でも後悔のないよう、探す段階でのしっかり吟味しましょう。また頑張ろうという気持ち、もう一度トライしてみようという前向きな気持ちで、職探しの再出発が出来るのです。

一人だけで考えていると思考が煮詰まって何をしたいかわからなくなることもありますが、まわりの協力を得ながら頑張っていい職場を見つけたいものです。


posted by 職探し | 職探し

最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。